mao1938’s diary

Twitterは@llw_ryudo(元mao1938)

Twitterから+メモ

<労働運動・社会運動・革命運動関係読書メモ>

☆伊藤晃『戦争と労働運動 戦前労働運動の歩み』(労働者学習センター、2005)

 「評議会の綱領が、労働条件の改善と生活の向上は労働者の組織と闘争によらねばならず、また組合運動は労働者階級解放を目的とすべきだ、と述べたのは、右派労働運動を意識したものですが、さらに、この目的に沿って労働者を絶えず教育・訓練し、組合機関に一般組合員の意志を正確に反映させ、彼らを常に組合の行動に参加させねばならない、という原則を主張したのは、むしろ日本の運動の伝統への批判と変革意志を示しているのです。」p.107。

20年代ストライキの中から組合発生ー”ストライキをやるための組合”という固定観念(組織の持続性、日常的大衆性欠如...)の問題/企業側は力と力のぶつかり合い+権力の援護により「新しい労務管理」(組合否定からの企業別従業員組織、労使協議機関をつくることで、労働者集団を「わが社の従業員」へ分断、労務部門新設政策へ向かうわけであるが、そこで運動側の限界をも含んでストライキを通じて「運動」が日常的労資対立の場からしめだされていく・・・過程/以上と関連してサンディカリズムの発生など興味深い。

☆前田裕晤著・江藤正修編『前田裕晤が語る 大阪中電と左翼労働運動の軌跡』(同時代社、2004)

 ☆『江藤正修遺稿集 社会的労働運動の模索 明日を見つめた格闘の記録』(編集委員会、2017)

前述した前田裕晤の本を読んでいても思ったが、関西独自の運動は知らないことばかりだ。先日、かの有名な田中機械(ビール工房「地底旅行」)に行く機会があったのだが、国内的には80年代労戦統一に抗する拠点的位置、国際的にはポーランド「連帯」-自主管理社会主義への注目という国際的文脈で大事だ、としたり顔で同行者などに説明するネタになった。またかなり前に酒井隆史が大阪の文化を論じる文脈で田中機械の機関紙あたりから引用していた気がするので(たしか『通天閣』だろうか?)確かめたいと思う。ビールに関してはよくわからないが2種類まぜたらとても美味しかった。

それから国鉄闘争に関する記述で、総評左派ー国労の戦闘性の基盤として、「復興」を担ってきたこと、戦後を・家族を支えてきたことの誇りとしての「国労魂」に言及しているところが印象的だった(そのうえで、そうした戦闘性ゆえの困難性もあった、と)。

☆増山太助『戦後期 左翼人士群像』(柘植書房新社、2000)

 ☆小西誠『反戦自衛官―権力をゆるがす青年空曹の造反 (増補版)』(社会批評社、2018)

 「事件」後、”上からの圧力”と”下からの抵抗”渦中の下士官こそが上記⇧ばねとなるだろうと述べている。たしか80年代後半の決起は⇓中堅の人たちが重要な役割だった。

 ☆桑折勇一『ノーサイド成田闘争―最後になった社会党オルグ』(崙書房出版、2013)

たしか闘争初期会議にて、社会党は砂川とか妙義山でのあれこれもあり実力闘争、話し合い絶対拒否、対して共産党は独立・民主主義・平和・生活向上云々といった諸要求スローガンの一環にしてしまったうえで”軍事基地反対・ベトナム加担するな”である。後の新左翼(の一部)も”軍事空港”論はあるがまた別の視角だろう。

ちなみに「ふるさと文庫」(別だが筑波書林の「ふるさと文庫」も面白いのがある)の崙書房出版HPによれば2019年7月で業務終了とのこと。ふるさと文庫の三里塚関連で私が読んだのには、他に原口和久『成田あの一年』(2002)、大和田武士・鹿野幹男『「ナリタ」の物語 - 1978年開港から』(2010)がある。前者では地区労は反対しているのだが成田市職労は開港促進決議(1975)、パイプライン関係での住民運動や国と千葉県の”内ゲバ”エピソードなどは戦後史のいろんな問題を考えさせられた。後者では闘争中、指名手配中にどっかの選挙の応援演説した、という活動家が登場する。

☆伊藤晃・布施宇一・増田明生・田中康宏『戦後労働運動と反合・運転保安闘争 国鉄闘争全国運動を広げよう』(労働者学習センター、2010)と社青同『体制的合理化と国鉄闘争』(社青同中央委、1987)

動労千葉パンフでは、伝統的反合闘争との違いとして①結果ではなく過程へ②賃金と引き換えにも反対③妥協点設定しおさえこみに反対④労使一体(国鉄一家!)批判、により、労資の具体的対立を通したものとして(伊藤晃)把握するのが大事だなあと。

社青同学習シリーズ本、2章「国鉄労働運動と国鉄分割・民営化」では戦後日本労働運動の歩み=合理化攻撃との闘いの歴史として、とくに60年代以降の国労歩みはわかりやすかった。合理化に対して”絶対反対”と”要求対置”で矛盾が発生し云々など興味深い。

 ☆伊藤晃『天皇制と社会主義』(勁草書房、1988)

 日本資本主義”固有の型”への視点では野呂と高橋亀吉は共通点をもち(!)、そのうえで「日常の経済生活をとおしてナショナリズムを人民に浸透させる道を追求した」p.326高橋の方が「能動的」である(”国家機能の拡大”、それには”天皇制の機能更新”からむ)。グラムシ(あるいはグラムシ的)がよく参照される、また天皇制と社会主義、というタイトルどおり”と”にこだわっている。